数年前に原作を拝見しました。 映画化されると知り大変楽しみでした! 主人公の名前が全く出てこなかったりラストシーンから先の展開は自由な解釈ができるようになっていてました。ただ見て終わるのではなくより身近に感じ、自分なりに深く考えることができる作品でした。 また、物や思い出が消えていくシーンが私の中では一番泣けました。世の中はいらないものであふれているかもしれないけどひとつひとつが今まで関わってきた誰かと私を繋いでくれ、思い出を作るきっかけになった大切な物なのではないかと思いました。 とても泣けて お世話になった人 仲良くしてくれた人 そして何より いつも支えてくれている両親に にありがとうを伝えたくなる映画でした。

(18歳/女性)

健さんの演技に泣けました。 最後の悪魔との対話で、自分が本当はどんな気持ちでいるのかを知りキャベツを父に預けるのに感動しました。

(19歳/男性)

感動しました ツタヤが僕に貸してあげる映画を探しているシーンが特に!

(15歳/男性)

どんなに辛いことがあっても生きてるだけでいい。そう思える映画でした。自分で思っているよりもこの世界は大切なもので溢れている。その当たり前に気がつけるかどうかでどんな辛いことも乗り越えられるような気がしました。

(27歳/女性)

生きるって何かな、幸せって何かな、せか猫を見て考えさせられました。モノと自分のつながり、人とのつながりのなかで自分は生きていること、日々を大切に生きていかなければなと感じ、これからの自分の道しるべをもらったように思います。親からもらったこの命、愛情をもらっていま生きていること大事に大事にして行きたいです。どのセリフも心にじーんと響き、すっと染み込んでいくようでとても心地よかったです。今度はお母さんと観に行きたいです。素敵な映画をありがとうございました。

(25歳/女性)

当たり前が、当たり前ではなくなる普段の何気ない日常がどんなに幸せかと考えさせられました。佐藤さんの2役とても凄かったし、宮崎さんも良かったです。原田さんの手紙とても号泣しました。素敵な作品ありがとうございました!

(40歳/女性)

映画が好きであればある程に、猫が好きであればある程に、家族、お母さんを好きであればある程に心に深く突き刺さる作品でした。帰ってまず「ありがとう」と感謝を伝えたくなる映画でした。

(35歳/女性)

この映画を見て、 私は勉強がなくなってほしいとか、 これ要らないとか簡単にいっていたことに 後悔しました。勉強があったから学校があって そして友達に出会えたんだと、 見にしみました。この映画はそう言う大切なことに 気付かせる映画でした。ただただ感動しました。

(16歳/女性)

いろいろと考えさせられる映画でした。生きているって幸せなことだと思いました。 家族の絆にも泣けました。劇中5回くらいうるってくる場面があり、涙が止まりませんでした。間違いなく今年一番泣いた映画でした。

(14歳/女性)

原作を読んで拝見させていただいたんですが、 序盤から自分に置き換えて最後まで泣きっぱなしでした。とてもいい映画に出会いました。

(18歳/男性)

健くんが、ねこを本当にすきで、ねことのやりとりに癒されました。 うちの猫に顔が似ていて、身近に感じました。猫のタオルに洗濯バサミよかったです。真似しました。

(48歳/女性)

前日に原作を読み返しました。 泣きました。 今日、映画を観てやっぱり泣きました。 浜辺のシーン、ツタヤとの最後のシーン、ありがとうで終われる人生。 中2の息子と行ったんです。 息子も隣で泣いていて、映画が終わってもすぐに外には出れないくらい目が赤くて。 この映画を観て泣くことが出来る子に育ってくれていて、ありがとう。 それを気付かせてくれた映画にありがとう。

(42歳/女性)

涙が止まらない映画でした。最近、同級生で幼なじみの人が脳出血で亡くなり、それと合致してしまって。自分がもしこうなったらと思いながらみてしまいました。 何度、涙を拭いたかわかりません。

(34歳/女性)

自分も猫を一匹飼っているのですが、もし自分であったら・・・。私も結局は同じ決断をしていたでしょう。でも飼い猫をおいていくのは本当に辛いです。

(40歳/女性)

一本の作品の中でこれだけたくさんの涙を流したのは久しぶりでした。もし自分が僕の立場なら大切な物を消してまで寿命を伸ばすことはできることならしたくないなぁと思いました。確かに死ぬことは怖いし生きられるなら生きていたいですが、命には限りがあるからこそ残りの人生を一生懸命大切にできると思うし自分の命と引き換えに誰かにとってはとても大切な物かもしれない物を消す権利なんて自分にはないと思いました。自分も自分のペースで残りの人生をいろいろな人や物を大切にしながら生きて生きたいと思いました!自分の家でも犬を飼っていてその犬のことを可愛がってあげなくちゃ!と思いました。作中で流れる音楽もとても繊細で綺麗でした。レタスやキャベツもとてもかわいくて癒されました。得にキャベツが、タオルにくるまれて椅子に座っているシーンがかわいくて大好きです!とても素敵な映画なのでひとりでも多くの方に見ていただきたいですし自分も見に行けたらもう一度見たいと思います。この作品に出会うことができてよかったです。

(26歳/女性)